児童自立援助ホーム かのん

児童自立支援ホーム かのん

自立援助ホームについて

児童自立支援ホーム かのん

自立援助ホームとはなんらかの理由で家庭がない子供や、家庭にいられなくなった子供(原則として15歳から20歳)が入所して、自立を目指すための施設です。
児童福祉施設から中学校を卒業して働かなければならない。
高校を中退してしまった。
または、何らかの事情で家庭にいられず、一人で生活していかなければならない方がスタッフの支援を得ながら就労や自立を目指します。
•ご本人の申請が前提であり児童相談所の委託措置として利用が決まります。
•就労し、自立の準備資金貯蓄をしながら自立を目指します。

第2種社会福祉事業 自立援助ホーム「かのん」

定員 15歳~20歳の女子6名 (個室6室)

「かのん」での生活

勉強のイメージ

日中は、就労(学業)が基本です。
仕事が決まっていない方は、ハローワークや求人誌等で探します。スタッフが就労に向けての支援をします。

お隣さんのイメージ

一人で暮らしていても、隣室の方や地域の方とトラブルなく暮らすことは、必要です。そのための習慣を身に着けましょう。勤務時間に合わせた生活を心掛けましょう。

料理のイメージ

朝食と夕食はホームで用意します。
昼食は各自で用意します。朝は、それぞれの出社時間に合わせて起床し、朝食を取ります。

睡眠のイメージ

不規則な生活習慣は出社拒否などの原因になります。
楽しみを見つけて、生活リズムを整えましょう。
また、自分の事は自分で、責任を持って生活してゆけるように自律心を養いましょう。

お金のイメージ

給料はスタッフと必要な経費を精算した後、あなたの意思をふまえて、自立後の生活の安定のための貯金などの使途を決めます。資金を貯め安定した生活力を養い一人暮らしに備えます。

利用料

利用料には朝夕の食事、光熱水費、皆で使用する日用品費などが含まれます。月末に翌月分をお支払下さい。月途中の場合は日額で計算します。

かのん の利用について

お近くの児童相談所にご相談ください。
ご相談いただいた内容は秘密厳守されます。

かのん は児童福祉法に位置付けられた第二種社会福祉事業です。児童相談所の決定の後に、ホームのご利用についてご案内をいたします。
ホームでの生活を理解していただき、ご自身の意志で入居を希望した場合には面接を行い、手続きを進めていきます。
入居ホームとの約束を確認し、誓約書にサインして利用開始となります。

メールで相談する

お知らせ

その他のお知らせをみる
タイトルとURLをコピーしました